肌荒れ

野菜不足によって肌に栄養が届かずに肌荒れになることもある

肌荒れの原因として考えられることに、偏った食事をして野菜を摂取していないということも考えられます。野菜から摂取するべき鉄や亜鉛などのミネラル、ビタミン類や食物繊維、抗酸化成分などが不足すると肌を作る細胞が新たに作られにくくなるので、傷んでしまった肌がなかなか回復しないということになりえます。

バランスの良い食事、適度な運動、良質な睡眠は小さいころから言われている健康の秘訣だと思いますが、好き嫌いをして野菜を食べないと肌荒れがなかなか改善しないと思います。肉類には肉類の野菜には野菜の良いところがあるので、バランスの良い食事を心掛ければ肌荒れは意外に早く改善してしまうかもしれません。

野菜にもいろいろな種類があるので、緑黄色野菜、根菜など好き嫌いをせずに食べるようにしましょう。野菜があまり好きでない方は、野菜を食べる努力をする必要があると思います。

無理に食べるというのではなく、嫌いでもおいしく食べる工夫の方ですけど。野菜は味がイヤだという方が多いと思いますので、味が分からなくなるような料理を作れば食べることが出来ると思います。

熱を加えるとビタミンCなどは破壊されて身体に取り込むことが難しくなるので別の食材での補給を考えないといけませんが、加工しても大丈夫なものは煮込んだり、磨ってみたりいろいろと調理が出来ると思います。緑黄色野菜はドレッシングを掛けると、かなり野菜の味が軽減されますので、きのこ類と炒めた後にドレッシングで味付けをするとかなりの食材が食べられると思います。

野菜は色取り取りのものを食べた方が良いと言われているのは、色によってある程度の栄養素の偏りがあるからだと思います。なので、例えばニンジンが嫌いならミキサーにバナナと一緒に入れてジュースにしてみたりいろいろと工夫をしてみましょう。

野菜の摂取で肌の状態も良くなるとニキビにもいい影響を与えると思いますので、野菜不足の自覚がある方は積極的に野菜の摂取をして肌の調子を整えてみましょう。