肌荒れ

油分が多すぎる化粧品は肌荒れの原因にも

化粧品は肌の状態をよく見せるものであると同時に保湿効果を取り入れる化粧品も増えてきています。保湿は肌を外の刺激から守るバリアーになるのでとても大切なものだからです。

化粧をして肌の状態を良くしても、その化粧の下で素肌がくすんでいては嬉しくないですからね。消費者の声が形になって変わっていったのだと思いますが、なかなかそれだけで保湿が足りるかというとそうでもない方が多いと思います。

これには個人差があるので、保湿成分入りの化粧品を使うだけで十分に保湿が足りる方もいるでしょう。

でも、ほとんどの方がそれだけでは保湿が足りていないと感じていると思います。これは化粧をしたり化粧を落とすためにクレンジングをしたりという毎日の積み重ねで肌の水分が足りなくなっていくと考えれれます。だから化粧水や美容液を使う方が多いのでしょうが、それでも足りない場合には乳液やクリームを使うと思います。

冬場など空気が乾燥しているときには、肌はカサカサになりやすくなります。そんな時には乾燥した空気にできるだけ触れないようにクリームを塗って、肌と空気の間に壁を作ることが大切です。

ただし、気をつける点として、クリームは塗れば肌に良いというものでもないということです。クリームは乾燥した空気と肌との壁になるだけなので、壁をおく前にキチンと肌を保湿しておく必要があります。

クリームの中に保湿成分が入っている商品も増えてきていますが、保湿成分が全く入っていないクリームもたくさんあります。クリームを塗っていれば保湿は大丈夫と勘違いしていると、肌荒れはなかなか改善しないので気をつけましょう。

また、クリームは肌のターンオーバー(肌の生まれ変わるとき)を邪魔する可能性もあります。本来、肌を良い状態に保ったり、肌荒れを改善するために塗っているクリームなのですが、その油分が肌の生まれ変わりの妨げになることもあることを覚えておきましょう。

クリームの油分が多すぎると肌に油がからみついて、一番外の肌(角質)が剥がれにくくなり、ついには残ってしまいます。肌が乾燥して肌荒れを起こしているときなどクリームは必要だと思いますが、そんなときには油分ではなく保湿成分がたくさん配合されているクリームを使うようにしましょう。