肌荒れ

肌荒れの原因は保湿不足が大きな要因

肌が荒れる原因の一つに保湿が足りていないことがあります。お風呂に入っているときやお風呂から出たばかりの肌はプルンップルンッだと思います。このときには十分に肌が潤っていて保湿が十分に足りている状態です。赤ちゃんの肌は、大人がお風呂に入っているときのようにすごく保湿されている状態なので、もちもちなんですね。

この赤ちゃんのもちもち肌が理想の肌と言われていると思いますが、この肌にするには努力も必要ですし、努力しても完全に同じというわけにはいきません。年齢ととも肌の弾力が少なくなっていしまうのは仕方がないことですし、新陳代謝によるターンオーバーサイクル(皮膚の入れ替わる周期)も年齢とともに狂いやすくなります。

肌の弾力はコラーゲンやエラスチンの減少とともになくなっていきます。コラーゲン、エラスチンを製造している細胞の生産能力は加齢とともに低くなっていくので、同時に肌の弾力もなくなってしまうんですね。現在の美容業界ではこの肌の弾力をなくさないような製品は発売できていません。弾力を作っているのは皮膚の内部の方なので現在の化粧品では対応できないんですね。

では、他に肌の状態をよく保つためにできることはないのかと考えた結果、肌の保湿ということになっているのだと思います。ターンオーバーサイクルは4週間前後~6週間前後と考えられていますが、このサイクルが正常に行われないと新しい肌にキチンと生まれ変わることができなくなるので、きれいな透き通った肌にならなくなります。

肌は損傷を受けた時には、早く回復させようと通常よりも早く細胞分裂をすると考えられています。その時には普段と同じような細胞ではなくてどこかおかしくなってしまった細胞もあるようです。その細胞が通常ならきれいに剥がれおちて生まれ変わるはずなのですが、そのまま肌に残ったものがシミなどになります。

これはメラニン色素が残ってしまった結果と考えられていますが、毎日のケアをキッチリとして細胞を正常に生まれ変わらせてあげれば、たいていのシミはなくなります。弾力増やすことはなかなか難しいことだと思いますが(絶対に無理ではないと思います)、肌の表面をキッチリ保湿してあげれば肌のツヤは戻ってくると思います。

肌の表面がガザガザだと剥がれるはずの皮膚がうまく剥がれずに、肌の入れ替わりが正常にいかなくなる可能性があるので、肌の保湿はキッチリとするようにしましょう。その結果、肌の表皮の少し下にあるシミなども一緒になくなってしまうと思います。

クレンジング後の保湿はしっかりとする

肌の保湿はクレンジング後がとても大切です。クレンジングでは化粧を落とすのと同時に肌の皮脂が多く失われています。これは化粧を落とすためには仕方がないことなので、その後のケアで何とかするしかありません。

出来るだけ早く化粧水と美容液を付けることが大切で、化粧水や美容液はヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入った物を使いましょう。また、肌に潤いが足りない感じがあるなら、さらに乳液かクリームで油分を補給し水分が外に逃げないようにカバーします。

出かける前の保湿も大切ですが、就寝前の保湿はもっと大切です。寝ている間に肌は回復するので、それを補佐するためにも夜の肌のケアはしっかりしましょう。

保湿後の回復は肌の状態によって個人差がありますが、しっかりとケアを続けけることによって改善していくと思います。肌荒れが気になるようなら保湿をしっかりと根気よく続ける事をお勧めします。