肌荒れ

肌荒れの改善に湯船で汗をかく

最近は湯船に浸からずにシャワーだけで済ましてしまう方がたくさんいると思います。時間効率を考えるとシャワーだけで済ました方が早いので急いでいる時や、早く寝たい時などは仕方がないと思いますが、体調の管理の面から考えると湯船に浸かった方が良いのではないかと感じています。

それは湯船に浸かると肌の汚れが取れやすくなったり新陳代謝がよくなるので、体調管理に良い面が多いからです。一人暮らしの方などはお湯がもったいないと思うかもしれませんが、浅めのお湯を張って湯船に浸かっても良いので工夫してお風呂に入ってみましょう。

少しぬるいと感じるお湯(体温よりも少し高いぐらいの温度で37~38度)ぐらいのお湯に、おへそぐらいまで20~30分間くらい浸かって半身浴をしてみても良いでしょう。

半身浴は、ぬるい温度のお湯ですが、額から汗が流れるぐらいにたいへん汗をかきます。汗をかくと老廃物を出してくれますし、血行がよくなります。血行がよくなると毛細血管にまで栄養や酸素がたくさん運ばれることになるので、肌の再生にとっては良いことばかりです。

肌がうまく再生されれば傷んでいた肌は角質となり剥がれ落ち、その下から肌になる細胞がきれいに出てきます。肌荒れで悩んで知る方は、一度半身浴を試してみると良いと思います。使う水も少ないので経済的ですし、お湯を入れるのにかかる時間も少なくて済みますからね。

また、自分の好きなアロマオイルを入れたり、入浴剤を入れて半身浴をするととってもリラックス出来ると思いますのでお薦めです。少し熱めのお湯(41~42度まで)の全身浴で20分での入浴は肩こりなどにも良くてスッキリします。

新陳代謝がよくなり汗がすごく出ますので、顔にも頭にも大量の汗をかきます。そうすると、全身の筋肉の疲れもほぐしてくれますので体の体調全体が良くなると思います。日本人は昔から湯船に浸かる文化があります。湯船に浸かって肌や体の体調を整えてきたのではないでしょうか。

昔から続く体調管理の方法は取り入れた方がいいと思うので、現代の科学だけではなく昔からの良い習慣も大切にしてみては如何でしょうか。

湯船に浸かる際の注意点としては、大量の汗をかくので水分補給をしっかりとすることです。健康には良いと思いますが、もしも、のぼせそうなら湯船から出たり、時間を短めにしてみたり、無理はしないように取り組んでみてください。